2015.01.27


【この人】
一気通貫の物流が強み

中央倉庫 湯浅 康平 社長

「従来の倉庫業では成り立たない。倉庫、運送、国際貨物をつなぐ一貫した総合物流で業容拡大を目指したい」

京都市に本社を置く中央倉庫は関西、東海、北陸、関東など国内8拠点、海外1拠点を展開。来年度が最終年度に当たる中期経営計画「アクション2015」では、顧客への高品質な総合物流サービス提供を通じて、売上高245億円を目指す。

主力の城南営業所(京都市)は、平成25年10月と昨年12月の2期にわたって老朽化した既存倉庫を建て替え、保管能力を増強。顧客ニーズが高い定温・定湿機能や低層化で流通加工がしやすい環境を整えた。来春には、金沢営業所(金沢市)で倉庫を増設。関西圏にも新規倉庫建設を見込む。自社保有倉庫が9割を超えるネットワークを生かし、経営基盤の強化を図る。

京都・滋賀地区でいち早くインランドデポ(内陸保税蔵置場)を設け、輸出入手続きの代行などフォワーディング業務も実施。「多様な顧客ニーズに応えられるよう、体制を充実している。(中期計画の)目標達成に向けて着実に歩んでいる」と、確かな手応えを感じている。

景気見通しについては「足元の動きは悪いが、良くなると期待している」。一方で、人材不足や燃料の高止まりなどを背景に「経営環境は厳しいが、〝総合物流〟を武器に安定性を追求している」と自信をのぞかせる。

健康の秘訣(ひけつ)は規則正しい生活を送ること。だが、「京都・伏見の日本酒を会社帰りによく飲んでいた」と笑みがこぼれる。

 

(略歴)

昭和18年4月29日生まれ、71歳。京都府出身。昭和42年同志社大経卒、中央倉庫入社。平成3年経営企画室長、6年取締役、14年常務、16年社長。(遠藤 仁志)

 

今週の紙面

今週の紙面

ドライバー不足に挑む!の著者が東洋経済オンラインに3日連続で掲載されました。


1回目
2回目
3回目
※東洋経済オンラインで是非ご確認ください!

 

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税込)

半年間:26,400円
1年間:50,688円

ご購読のお申込みはこちら

新刊! 

 
 

ドライバー不足に挑む!

 

・B6判/176ページ
・1,650円(税込)
・送料500円

  購入する 

定期発刊物

 
 

物流のすべて 2021年版

 

・B5判/312ページ
・5,500円(税込)
・送料600円

購入する
 
 

2021日本の物流事業

 

・B5判/205ページ
・5,500円(税込)
・送料600円

購入する

「ことば教えて!」

 
 

ことば教えて! 2020年版

 

・B5判/154ページ
・3,300円(税込)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2019年版

 

・B5判/154ページ
・3,300円(税込)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2018年版

 

・B5判/150ページ
・3,300円(税込)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2017年版

 

・B5判/160ページ
・3,300円(税込)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2016年版

 

・B5判/162ページ
・3,300円(税込)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2015年版

 

・B5判/184ページ
・3,300円(税込)
・送料600円

  購入する