2021.05.25


【この人】
現場に近くやりがい

アサヒロジ 児玉 徹夫 社長

 3月、柴田和憲前社長からバトンを受けた。アサヒビール入社以来、物流部門一筋。アサヒロジに身を移し、「物流を見る立場が変わり、新鮮」。
 物流子会社の役割は、サプライチェーンを管理するメーカーの方針に沿い、輸配送や庫内作業の手法を組み立てること。「現場に近い業務」だ。視点が変わり、アサヒビール時代には見えなかった課題を実感。「現場を動かすための業務を実践しなければ」というやりがいがある。
 印象深いのは、2017年、キリンビール、日本通運、JR貨物と北陸で実現した共同モーダルシフト。「物流は競争する分野ではなく、業務効率化に向けて連携する協調分野」との考えがアサヒビール社内に浸透し始めた頃だった。「これを機に北海道の共同配送、関西・九州間の共同モーダルシフトにもつながった」と振り返る。
 社長就任後、約2300人の社員に「失敗を糧に成長を」と訓示。自身もアサヒビール時代に、繁忙期の物流を停滞させてしまった苦い経験があり、「反省から学びを得てほしい」と呼び掛ける。
 共に物流改善を進める他メーカーや卸、物流企業といった「多様なパートナーとの関係を生かしたい」。アサヒロジは、これまでもアサヒビールやアサヒ飲料との連携に取り組みつつ、大手卸と物流センター周辺の車両待機時間削減などに取り組んできた。さらにパートナーを増やし、効率化に拍車を掛ける。
 散歩が好き。その後、銭湯で汗を流し、ビールを飲むことを息抜きとしていたが、新型コロナウイルス流行下のいまは我慢。「落ち着いたら、また楽しみたいね」

今週の紙面

今週の紙面

ドライバー不足に挑む!の著者が東洋経済オンラインに3日連続で掲載されました。


1回目
2回目
3回目
※東洋経済オンラインで是非ご確認ください!

 

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税込)

半年間:26,400円
1年間:50,688円

ご購読のお申込みはこちら

新刊! 

 
 

ドライバー不足に挑む!

 

・B6判/176ページ
・1,650円(税込)
・送料500円

  購入する 

定期発刊物

 
 

物流のすべて 2021年版

 

・B5判/312ページ
・5,500円(税込)
・送料600円

購入する
 
 

2021日本の物流事業

 

・B5判/205ページ
・5,500円(税込)
・送料600円

購入する

「ことば教えて!」

 
 

ことば教えて! 2021年版

 

・B5判/149ページ
・3,300円(税込)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2020年版

 

・B5判/154ページ
・3,300円(税込)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2019年版

 

・B5判/154ページ
・3,300円(税込)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2018年版

 

・B5判/150ページ
・3,300円(税込)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2017年版

 

・B5判/160ページ
・3,300円(税込)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2016年版

 

・B5判/162ページ
・3,300円(税込)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2015年版

 

・B5判/184ページ
・3,300円(税込)
・送料600円

  購入する