2019.06.04


【この人】
現場目線で

濃飛西濃運輸 小森 紳司 社長

 4月、社長に就任した。1988年、グループ中核会社の西濃運輸に入社後、2年間は本社で勤務。以降の25年間は東日本の事業所を渡り歩き、物流現場の大変さ、大切さを学んだ。
 バブル経済のさなか、東京・八王子支店での8年は積み上がる荷物に身を粉にして働いた。4年勤めた世田谷支店では、都心ならではの配送の難しさに直面。狭い道が多く住民への配慮も欠かせない。顧客からの厳しい言葉が、自身を「成長させてくれた」と振り返る。
 2011年、東北エリア統括マネージャーとして仙台支店に勤務時、東日本大震災に遭遇した。西濃は他社に先駆け支援物資輸送を始め、震災発生から間もなく幅35mあるホームが支援物資で埋め尽くされた。多い日には1000人の被災者が物資を受け取りに仙台支店前に列をなした。
 中には、家族が行方知れずになった従業員も。それでも「荷物が到着したら全ての届け先に電話をかけていた。本当によく頑張ってくれた」。
 経営で大切にしていることは「現場の声をしっかり拾い上げること」。
濃飛西濃は主力の特積みで大型車の自社比率が9割超と高く、輸送品質に定評がある。一方、物流センター運営や医薬品物流といった特積み以外の事業の売上高も全体の16~17%に上る。「目新しいことにアンテナを張っている従業員が多い」。ボトムアップ型経営で風通しの良い社風に磨きをかけ、付加価値の高い事業を育てて「今後の飛躍につなげていく」。
 趣味は山登り。9年前から日本百名山踏破を目指し、44の山を制覇。昨年は標高が2900m超の西穂高岳登頂に成功した。山頂には「達成感と素晴らしい景色が待っていた」。

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

ことば教えて!2018年版より

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

定期発刊物

 

2019 日本の物流事業

 

・B5版/200ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

物流のすべて 2019年版

 

・B5版/324ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する
 
 

ことば教えて! 2019年版

 

・B5版/154ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2018年版

 

・B5版/150ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2017年版

 

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2016年版

 

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2015年版

 

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する