標準的な運賃 変更時は「届け出」必要 待機時間料なども同様

2020.03.17付

一般

 2月末に標準的な運賃の案が公開されたのを受け、運送各社が動き出している。告示は運輸審議会の答申後だが、その前から目安となる運賃案を荷主に示すことはでき、一部の会社では交渉の下準備を進めているようだ。一方で、運賃や待機時間料を見直す際は事後届け出が不可欠で、国土交通省も「必要な手続きを忘れないでほしい」としている。

 「今回の運賃はかなり高く設定している」「設定額が高い分、本当にこの水準の運賃を収受できるのか」。運賃表案に目を通した運送会社からはさまざまな意見…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

ことば教えて!2018年版より

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

定期発刊物

 

2020 日本の物流事業

※ご好評につき完売いたしました。 

・B5版/200ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

物流のすべて 2020年版

 

・B5版/320ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する
 
 

ことば教えて! 2019年版

 

・B5版/154ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2018年版

 

・B5版/150ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2017年版

 

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2016年版

 

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2015年版

 

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する