標準的な運賃告示制度導入 4月にずれ込む可能性も 運輸審諮問 2月めどに

2020.02.18付

一般

 標準的な運賃告示制度について、導入が4月以降になる可能性が高まってきた。国土交通省は関係先への説明などを進めており、運輸審議会に諮る段階まで至っていない。自動車局が新型コロナウイルスの対応に追われていることも影響しているとみられ、同省は2月中に諮問できるよう引き続き調整している。

 標準的な運賃告示は、改正貨物自動車運送事業法に盛り込まれた施策で、国交相が労働条件改善と健全な運営ができる運賃の目安を示すもの。2024年3月末までの時限措置で、この間、運送…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

ことば教えて!2018年版より

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

定期発刊物

 

2020 日本の物流事業

※ご好評につき完売いたしました。 

・B5版/200ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

物流のすべて 2020年版

 

・B5版/320ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する
 
 

ことば教えて! 2019年版

 

・B5版/154ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2018年版

 

・B5版/150ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2017年版

 

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2016年版

 

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2015年版

 

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する