【待機時間削減ケーススタディー】アスクル② データ化で仮説、対策 荷受け作業を前倒し

2020.02.18付

一般

 通販大手アスクル(本社・東京、吉岡晃社長)が自社センターでの待機時間削減に挑戦している。全国物流ネットワーク協会(森日出男会長)が1月に開催した賀詞交歓会で、同社の桜井秀雄執行役員が行った講演を基に、車両予約受付システムを活用した改善の取り組みを紹介する。

 アスクルは2019年に待機時間削減で大きな成功を収めた。主な理由は、本紙2月11日号で挙げたように、①現場全体の見える化による対策実施②リアルタイムの見える化ツールである車両予約受付システムの活用…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

ことば教えて!2018年版より

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

定期発刊物

 

2020 日本の物流事業

※ご好評につき完売いたしました。 

・B5版/200ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

物流のすべて 2020年版

 

・B5版/320ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する
 
 

ことば教えて! 2019年版

 

・B5版/154ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2018年版

 

・B5版/150ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2017年版

 

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2016年版

 

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2015年版

 

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する