宅配大手 都市部集配でEV化 CO2削減を推進へ

2019.11.26付

一般

 宅配大手が都市部の集配車を電気自動車(=EV)に置き換える動きが出ている。ディーゼル車やガソリン車に比べて走行距離が短い欠点があるが、排気ガスや振動、騒音が少ないことから都心部の配送に適していることが理由だ。

 ヤマト運輸(本社・東京、栗栖利蔵社長)は2020年1月から埼玉、千葉、東京、神奈川の1都3県で独ドイツポストDHLグループのストリートスクーターと共同開発した小型電気トラックを500台導入する。
 小型EVトラックの総重量は2.8トン、最大積載量は600kg…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

ことば教えて!2018年版より

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

定期発刊物

 

2019 日本の物流事業

 

・B5版/200ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

物流のすべて 2020年版

 

・B5版/320ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する
 
 

ことば教えて! 2019年版

 

・B5版/154ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2018年版

 

・B5版/150ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2017年版

 

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2016年版

 

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2015年版

 

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する