【多発する災害にどう向き合う】第6回 新技術、どう活用? 宇都宮大学 長田 哲平助教

2019.11.05付

一般

 まずは相次ぐ台風で被災した人々に心からお見舞いを述べる。
 さてこれまで支援物資輸送、物流拠点整備、BCP(事業継続計画)の策定・見直し、計画運休を取り上げてきたが、今回は平常時・災害時の物流に変革をもたらす新技術を取り上げる。ここでは、新技術を国土交通省が2017年7月に示した総合物流施策大綱を基に整理する。大綱には6つの視点があり、その一つがIoT(モノのインターネット化)、ビッグデータ、AI(人工知能)など「新技術活用による〝物流改革〟」だ。
 IoTとは…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

ことば教えて!2018年版より

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

定期発刊物

 

2019 日本の物流事業

 

・B5版/200ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

物流のすべて 2019年版

 

・B5版/324ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する
 
 

ことば教えて! 2019年版

 

・B5版/154ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2018年版

 

・B5版/150ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2017年版

 

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2016年版

 

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2015年版

 

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する