渋沢倉庫 適正取引の動き 加速 条件、業務改善を提案

2019.06.11付

一般

 渋沢倉庫(本社・東京、大隅毅社長)は適正取引に向けた取り組みを加速している。陸上運送業務では運賃改定に加え、荷待ち時間削減をはじめ諸条件の見直しを実施。倉庫事業では採算に合う拠点の提案や、顧客の在庫調整を通じた波動抑制を行い、収益力の強化を図る。
 陸上運送は、同社グループの物流事業で5割を占める主力事業。消費財や電気機器の取り扱いが増えており、2020年3月期の連結売上高予測は19年3月期比6.5%増の338億円と、セグメントの中で最も高い伸びを見込んで…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

ことば教えて!2018年版より

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

定期発刊物

 

2019 日本の物流事業

 

・B5版/200ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

物流のすべて 2019年版

 

・B5版/324ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する
 
 

ことば教えて! 2019年版

 

・B5版/154ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2018年版

 

・B5版/150ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2017年版

 

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2016年版

 

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2015年版

 

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する