【海上輸送ガイド】年間約40万tが消滅 製紙再編の影響 重厚長大から雑貨へ

2019.05.21付

一般

 2020年1月、日本製紙は北海道で行っていた新聞紙などの製造を停止・縮小する。電子化などで紙の需要が減少を続けていることが原因。ロール紙などの重量物は、海上輸送の主力貨物の一つ。年間39万6000トンの物量消滅は道内物流に与える影響も大きい。

 「重厚長大から雑貨へ。海上輸送の扱う貨物の質が変わってきた」――。近年、多くの船社が口にする。ドライバー不足で、さまざまな荷主が海上輸送に注目する一方で、これまでの主力貨物の一つだった紙は需要が減少。大手の日本…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

ことば教えて!2018年版より

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

定期発刊物

 

2019 日本の物流事業

 

・B5版/200ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

物流のすべて 2019年版

 

・B5版/324ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する
 
 

ことば教えて! 2019年版

 

・B5版/154ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2018年版

 

・B5版/150ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2017年版

 

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2016年版

 

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2015年版

 

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する