国交省 下請けいじめに駆け込み寺 窓口設置し実態把握へ

2019.05.14付

一般

 長時間の荷待ち、契約にない付帯作業の把握に向け、国土交通省が情報収集を強化している。今春にはインターネット上で専用窓口を開設し、運送会社などから常に意見を集める初の取り組みを始めた。了承が得られれば、情報提供者への問い合わせや、問題のある輸送を頻繁に発生させる荷主に対し、行政の担当者が直接改善を促すことも想定している。

 開設したのは、「輸送・荷待ち・荷役などに関する輸送実態把握のための意見等の募集について」と題した専用窓口。対象となるのは「それなりの頻度」…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

ことば教えて!2018年版より

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

定期発刊物

 

2019 日本の物流事業

 

・B5版/200ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

物流のすべて 2019年版

 

・B5版/324ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する
 
 

ことば教えて! 2019年版

 

・B5版/154ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2018年版

 

・B5版/150ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2017年版

 

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2016年版

 

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2015年版

 

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する