【海上輸送ガイド】敦賀港 拠点港の重要性高まる 博多航路が今月開設

2019.04.16付

一般

 北陸、中京、関西と日本海を結ぶ敦賀港(福井県敦賀市)は国際・内航航路が多数発着し、日本海側を代表する港の一つだ。1日には、博多港(福岡市)との間に定期貨物航路が新設され、物流拠点としての重要性がますます高まりそうだ。

 敦賀港は三方を山に囲まれた天然の良港で、江戸時代には物資を海上輸送する北前船・西回り航路の寄港地の一つに数えられた。1899年に開港し、1902年にはウラジオストクとの定期航路が設けられ、交易拠点として栄えた。
 現在、敦賀港を発着する内航航…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

ことば教えて!2018年版より

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

定期発刊物

 

2019 日本の物流事業

 

・B5版/200ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

物流のすべて 2019年版

 

・B5版/324ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する
 
 

ことば教えて! 2019年版

 

・B5版/154ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2018年版

 

・B5版/150ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2017年版

 

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2016年版

 

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2015年版

 

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する