特集コラム

2017.10.03


【特別インタビュー】
AIで事故なき社会に 活路は〝情報〟にあり 

知識創造工房 ナレッジ・ファクトリー 林 光 代表

 日進月歩で進化する技術は社会をどのように変化させ、物流をどう変えていくのか。未来学者の林光氏は、AI(人工知能)、IoT(物のインターネット化)、自動運転といった最新技術の動向を踏まえ「将来、物...

続きを見る

2017.10.03


【インタビュー】
適正対価収受へ方向性 全国で「生の声」集約 

全日本トラック協会 坂本 克己 会長

 「豊かな労働環境の実現を目指し、ドライバーの幸せに全力を尽くしたい」と語る全日本トラック協会の坂本克己会長。労働環境の改善と生産性向上の両立に欠かせない適正運賃・料金が収受できる環境づ...

続きを見る

2017.10.03


【戦後72年 物流トップなに思う】
彦根城を遊び場に成長 

丸運 荒木 康次 社長

 昭和30年、滋賀県の彦根市内船町(現・城町)に生まれた。遊び場は彦根城。小中高の全てがお城の周りにあった。おおらかな時代で城の石垣を登ったり忍者ごっこなどもしていた。  彦根東高校では、ボ...

続きを見る

2017.10.03


【この人】
「相互扶助」の輪広げる 

日本貨物運送協同組合連合会 吉野 雅山 会長

 6月、組織の存在感向上へ精力的に取り組んできた古屋芳彦前会長の後を受けて就任した。「近き者説(よろこ)び、遠き者来たる」「情けは人のためならず」の故事を座右に置き、組織のさらなる活性化と...

続きを見る

2017.09.26


【戦後72年 物流トップなに思う】
神戸港で海への憧れ培う

川崎近海汽船 石井 繁礼 会長

 昭和24年、大阪府堺市に生まれた。母方の里が飛騨高山にある運龍寺という寺で、小学生までは毎夏を過ごした。まだ日本は貧しかったが、祖父の寺はモノが豊富。従兄弟と遊び回っていた。  学校では...

続きを見る

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

定期発刊物

 

2018 日本の物流事業

 

・B5版/230ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

物流のすべて 2018年版

 

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する
 
 

ことば教えて! 2018年版

 

・B5版/150ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2017年版

 

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2016年版

 

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2015年版

 

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する