特集コラム

2016.07.26


【社長インタビュー】
3PLを主力にする 震災から早期に復帰 

熊本交通運輸 住永金司 社長 

熊本地震から3カ月。熊本交通運輸(本社・熊本県益城町)は4月、震度7の揺れに2度見舞われたが、素早い初動で早期に通常業務に復帰。今期も増収を見込む。南九州向けのハブ立地として熊本に着目し、益城...

続きを見る

2016.07.26


【社長インタビュー】
共同化促す商品開発を 技術革新で魅力高める

日本貨物鉄道 田村 修二 社長 

 ――鉄道貨物輸送を取り巻く環境をどう認識。  田村 ドライバー不足や労働時間規制強化を背景に、大量の貨物を長距離で運べる鉄道の役割は高まっている。国内輸送量は縮小傾向だが、全国の利用運送...

続きを見る

2016.07.26


【インタビュー】
大型化、新航路で開拓 長距離貨物の移転促す

日本長距離フェリー協会 入谷 泰生 会長 

――海上輸送へのモーダルシフトの動きが盛んだ。  入谷 十分な手応えを感じている。ドライバー不足、安全規制の強化、コンプライアンス(法令順守)の厳格化で、トラックが長距離を走れなくなっている...

続きを見る

2016.07.26


【社長インタビュー】
発想力高める教育を 「現場第一」に磨きかけ 

東部ネットワーク 若山 良孝 社長

 6月末、芦原一義前社長から営業一筋で歩んできた若山良孝新社長にバトンを引き継いだ東部ネットワーク(本社・横浜市)。教育体制の強化を通じて目指すのは「創意工夫して新たな発想を起こす社員の育成...

続きを見る

2016.07.19


【この人】
思い有りや無しや

ジェイアール東日本物流 市川 東太郎 社長

 就任から1年が経過した。JR東日本では、ダイヤに合わせ、列車を走らせるための体制づくりに携わってきた。車両は何を使うか。メンテナンスはどうするか。「物流も旅客鉄道も考え方や現場感覚は似てい...

続きを見る

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

ことば教えて!2018年版より

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

定期発刊物

 

2019 日本の物流事業

 

・B5版/200ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

物流のすべて 2019年版

 

・B5版/324ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する
 
 

ことば教えて! 2018年版

 

・B5版/150ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2017年版

 

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2016年版

 

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2015年版

 

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する