2018.07.10


【この人】
現場に寄り添って 

関東西濃運輸 日比野 利夫 社長

 4月に就任。店所を回り顧客にあいさつ回りをする中で、特に要望があったのは輸送の安定供給。「造ったモノが今日出せば明日には届く。ドライバーがいないというだけで『運べません』ということは回避しなくてはいけない」
 大型ドライバーは約570人。運行約500便のうち、約200便は長距離。「何も手を打たなければ、10年後には現有戦力から2割減ってしまう」。まずは従来の免許取得支援に加え、「支度金」制度を開始する。昼夜逆転の生活に向けた準備金といった意味合いのものだ。
 西濃運輸入社後、平成19年に管理部門に配属されるまで東京、埼玉を中心に現場に24年。ドライバーや事務員らと顔を合わせ、都度発生する問題に向き合う日々。目標達成には全員の協力が必要で「コミュニケーションで理解し合うことの大切さを実感した」。
 関東西濃でも、従業員が理解できる説明、言葉遣いを、自らにも役員・管理職にも求める。同時に、現場の意見に耳を傾ける重要性も強調。「思いのほか、改善の知恵を持っている」
 6月からランチミーティングがスタート。現場を役員が訪ね会社の方針を伝えたり、現場の疑問や提案に答える場だ。第1回は前橋支店へ自分で足を運んだ。「運送は現場が中心。こちらから近づくことで初めて分かることも多い」。年内に全20店所を回り切る考え。
 会社の課題には保管・流通加工といった領域のテコ入れを挙げる。西濃本体に人を送り育成を急いでいる。
 家族サービスでは夫婦で伊香保温泉へ。SF映画をたまに観る。人が巨大ロボを操縦する「パシフィック・リム」の最新版も鑑賞した。

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

ことば教えて!2018年版より

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

定期発刊物

 

2018 日本の物流事業

 

・B5版/230ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

物流のすべて 2018年版

 

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する
 
 

ことば教えて! 2018年版

 

・B5版/150ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2017年版

 

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2016年版

 

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2015年版

 

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する