2017.12.19


【戦後72年 物流トップなに思う】
一丸で〝成り上がる″ 

ダイセーグループ 田中 孝一 会長

 三重県南勢町(現・南伊勢町)に昭和15年、生まれた。熊野灘に臨む漁村で、祖父が日露戦争の報奨金で大盛丸という船を造り、船主をやっていた。
 小・中学校の頃は泣き虫でおとなしかった。だが、伊勢高校で所属していたサッカー部が、柔道部にばかにされた時に、激しい気持ちが目覚めた。争って退学寸前までいったが、岡村浩明先生に助けてもらった。
 浪人後、青山学院大学経済学部に入学。俳優の渡哲也さんとは、クラスも空手部も一緒で親友だった。大学で印象に残っているのはチャペルタイム。平日に学内で行われていた牧師の説教を欠かさず聴いていた。
 卒業後、藤木海運(現・フジトランスコーポレーション)に入社。名古屋港で海上コンテナの受け入れをするため、ニューヨークへ勉強に行った。そこで知り合った友人に、「アメリカでは船員よりトラックの方が地位が高い。日本も変わるぞ」と言われて、トラック業界に入ることを決意した。
 昭和44年4月23日、日本のトラック企業の地位向上を目指し、中古トラックを1台買って起業した。当時からのパートナーで大型車の運転を教えてくれたのが今年5月に亡くなった阪口弘喜副社長。彼と数人の中卒ドライバーが集まってくれての船出だった。
 思いは、〝中産階級に成り上がる″。そのためには勉強するしかない。毎日仕事が終わった後、夜中までドライバーたちと一緒に新聞を読み勉強した。のし上がろうという気概を持つことがいまに続く原動力だ。従業員が〝キラリと光る〟人間に成長する。その積み重ねが、物流の地位向上につながると思っている。(佐藤 周)

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

ことば教えて!2018年版より

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

定期発刊物

 

2018 日本の物流事業

 

・B5版/230ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

物流のすべて 2018年版

 

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する
 
 

ことば教えて! 2018年版

 

・B5版/150ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2017年版

 

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2016年版

 

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2015年版

 

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する