【荷主と対等な関係へ】第5回 手待ち時間と付帯作業 朝日大学経営学部教授 土井義夫 氏

2017.09.12付

一般

 「荷主の協力」によって運送会社が生産性向上を実現していくことが期待されている。平成29年6月の生産性向上国民運動推進協議会では、受け付け予約システムなどを活用した「待機・荷降ろし時間の短縮」などが注目され、運送会社のベストプラクティスが探求されることになる。荷主側も輸送力の確保という観点から理解を示すものの、対価の見直しに関わるため、意見の分かれる事項である。本稿では、果たして荷主の有償化への協力が可能かについて、課題と展望を述べたい。
「店着価格制」という…
 

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する