国交省 9月にドローン実験 離着陸環境を常時把握

2017.08.29付

一般

 国土交通省は9月上旬をめどに、ドローン(小型無人機)を目的地に自動離着陸させる実証実験を再開する。今春の実験で上がった課題を基に、大学や民間企業が機体を改良。着陸場所周辺の風速・風向を予測する新システムも検証する。
 実験はドローンによる貨物輸送実現を目指す政府の取り組みの一環。長野県伊那市の道の駅「南アルプスむら長谷」近辺で、GPS(全地球測位システム)やカメラを搭載した機体を約400m飛ばす。最終的に集合住宅周辺に設置した専用ポート(発着場)に降りる際の…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する