【活力ある現場づくり】第2回 「考える」ことが意味するもの 柴田 昌治 スコラ・コンサルトプロセスデザイナー 代表

2017.07.18付

一般

 「考える現場づくり」という少し変わった問題提起を、輸送関連企業がこれからの時代を生き残っていくための「鍵」として書いたのが前回だ。簡単に実現できると軽く考えてのことではない。現場で汗まみれになって働いている人たちに「考える力」など期待するのは無理、と多くの人が感じているのを知っているからだ。
 振り返ってみれば、現場を管理する立場にある人たちも「しっかりやれ」と、げきを飛ばすことはあっても、そもそも「考える現場」など本気で期待したことなどなかった…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する