【集中連載 良い物流を維持するには】第4回 業界持続へ十分な対価を 作家・佐藤優 氏

2017.05.16付

一般

 どの業界の持続にも一定のコストが必要だ。作家の佐藤優氏は出版業界を例に、企業と従業員間の利益分配の均衡点を探る必要性を説く。原資獲得へ荷主交渉を後押しするべく、「物流も生産活動の一環」とマルクスの『資本論』で物流の価値を再発見。さらに物流事業者が安全を含む自社の活動を正しく消費者に伝えていくことで、状況改善につながる可能性を示唆する。
 持続可能なものには一定のコストがかかる。高品質な輸送に対し消費者の側もきちんとした対価を支払う。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する