西濃運輸 800km超の過半数で 運行便を鉄道に

2017.05.02付

一般

 西濃運輸(本社・岐阜県大垣市、神谷正博社長)は5月下旬から、片道800km超の特積み運行便の過半数を鉄道輸送に切り替える。
 同社では1日につき約3700便を運行しており、片道の走行距離が800kmを超えるのは全体の約4%の145便。このうち区間内に鉄道が走っており、切り替えても従来と輸送時間が変わらない約80便を対象とする。鉄道を利用することで、定期運行便に必要なドライバーの数を約1割減らせる見通し。
 一例は大阪―福岡間。関東―九州間の運行の一部で…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する