共同配送 日清食品・サントリー シズナイロゴス・日本通運 帯広向けの荷物を共配 6月中旬にスタート

2017.05.02付

一般

 日清食品とサントリーホールディングスは6月中旬、北海道の帯広エリアで卸・小売りのセンター向けの配送を共同化する。物流の環境負荷低減やドライバー不足への対応が目的。両メーカーの道内物流を手掛けるシズナイロゴス(本社・札幌市、伊藤功一郎社長)と日本通運(同・東京、斎藤充社長)が実務を担う。共同配送により、道東向けトラックが1日当たり3台削減できる。
 従来、日清は恵庭市にあるシズナイロゴスのセンターで、サントリーは日本通運の千歳市のセンターで商品を保管していた。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する