三菱食品 荷待ち削減に本腰 発注頻度抑制皮切りに

2017.04.25付

一般

 三菱食品(本社・東京、森山透社長)は、トラックの待機時間削減に本腰を入れる。ドライバー不足で輸送力がひっ迫する中、食品卸の責務として食の安定供給を維持したい考え。発注ルールを見直し、全体の発注頻度を抑制。納品についても午後納品を検討し、納品トラックの分散を図るなど、待機時間緩和に努め始めた。
 「待機時間が発生する原因は、荷物の積載方法と卸側の発注方法、商習慣にある」(小谷光司ロジスティクス本部戦略オフィス室長)。まず取り組んだのが発注頻度の抑制だ。
 同社は従来…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する