【働き方改革への鍵】第1回 工夫で効率アップ ワーク・ライフバランス 浜田 沙織コンサルタント

2017.04.25付

一般

 首相を座長とした働き方改革会議が実行計画を完成させた。残業年間360時間、繁忙期720時間。単月100時間未満という上限数字を聞き、過労自殺した高橋まつりさんの思いは生かされなかったのかと無念に思う人も多いだろう。厚生労働省は、月80時間以上の残業があった場合、過労死の危険性が高まるとしている。
 しかし、過労死ぎりぎりの上限設定にこだわる企業は少数派となりつつある。生産性向上はもちろん、優秀な人材から選ばれるために働き方改革を行う企業が増えている。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する