【食品・メディカル物流特集】迫る、コンビニ物流の危機 共通の情報基盤 必要に 問題点の「見える化」を 日本能率協会コンサルティング 小沢 勇夫 シニア・コンサルタント

2017.04.18付

一般

 コンビニ配送は、日本が世界に誇れるサプライチェーン(=供給網)の一つ。だが、きめ細かさの裏でドライバーの作業負荷が大きい実態もある。人手不足による危機に陥る前に打てる手立てはないか。日本能率協会コンサルティングの小沢勇夫シニア・コンサルタントは「共通の情報基盤で問題点を可視化し、コンビニ各社に投げ掛けることが必要」と語る。
 右肩上がりの成長が続く国内コンビニ市場。日本フランチャイズチェーン協会によると、セブン?イレブン、ファミリーマート、ローソンの大手3社…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する