【食品・メディカル物流特集】GDPに備える 管理体制が厳格に 温度順守に問題も サプライチェーンロジスティクス研究会 保高 英児 代表

2017.04.18付

一般

 患者への医薬品の的確な供給を実現するため、厚生労働省は保管や輸送の規則を定めたGDP(Good Distribution Practice=医薬品の適正流通基準)の策定への動きを急ぐ。サプライチェーンロジスティクス研究会の保高英児代表は、日本への医薬品GDPの影響として、①薬の品質保証への責任範囲の拡大・明確化 ②温度管理の厳格化と温度基準変更の可能性――を挙げた。
 日本で昭和49年に制定されたGMP(医薬品の製造および品質管理に関する基準)に沿った…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する