【トラックの生産性向上】第8回 企業戦略として取り組むには サプライチェーン・ロジスティクス研究所 久保田精一 代表社員

2017.04.04付

一般

 言うまでもなく生産性向上に取り組む主体はトラック会社だ。最終回の今回は取り組みの戦略的方向性について整理し、全体のまとめとしたい。
 ムダな作業、改善すべき業務を効率化することは、生産性を向上させる方向性の一つではある。しかし改善と生産性向上はイコールではない。
 例えば積載効率を高めるには、配車マンに意識付けして効率的に配車を行うことが有効。一方、こうした自社単独の効率化には限界がある。方面別に貨物を確保して輸送するには、他社の貨物とのマッチングが必要で…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する