36年にも上限規制適用 ドライバー残業 働き方改革へ前進

2017.03.28付

一般

 トラックドライバーの残業時間で、早ければ平成36年にも他の職種と同じ年間720時間が適用される可能性がある。週内に開く働き方改革実現会議の実行計画では、残業の上限規制が適用除外とされてきた運輸や建設にも一定期間の猶予後、規制を適用する方向が固まっている。トラックの働き方改革が加速しそうだ。
 本紙の予測では、適用まで最短であと7年。一般の職種に適用の残業年720時間、月平均60時間、単月100時間未満といった規制が、ドライバーについては長時間労働の現状を踏まえ、…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する