国交省 委員へ聞き取り開始 次期大綱策定で 制度見直しを要求

2017.03.28付

一般

 国土交通省は22日、次期総合物流施策大綱の策定に向けた検討会を開き、委員から意見の聞き取りを始めた。委員からは労働力不足に対応するため、新技術の導入を促進する環境整備、専門知識を持った人材の育成、既存制度の見直しを求める意見が上がった。
 検討会では、物流事業者、団体から6人の委員がプレゼンテーションを実施。日立物流の神宮司孝執行役専務兼取締役はロボットやAI(人工知能)などの先端技術を使い、作業の効率性を高めながら、条件変化に柔軟に対応できる独自の取り組みを紹介。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する