日立物流 佐川の夜間幹線便展開 バンテックの車両活用

2017.03.28付

一般

 日立物流(本社・東京、中谷康夫社長)はSGホールディングス(同・京都市、栗和田栄一会長)との協業事業を加速している。千葉県での物流センターの共同活用に続き、2月から横浜―東京間で、グループ会社の車両を使って佐川急便の幹線便を請け負う実験を開始。来年度には神奈川―東海エリアへの拡大を目指す。
 実験は日立物流の子会社バンテックの横浜営業所にある大型車1~2台で展開。夕方以降未使用だった車両を、佐川急便が都内向けに行う夜間の幹線便輸送に充てる。
 横浜営業所では、関東近郊で…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する