安房運輸 輸配送、保管 軸に成長 グループ売上105億円へ

2017.03.07付

一般

 安房運輸(本社・千葉県君津市、石川夕伎夫社長)は、地元・関東エリアを主体にした輸配送、保管・流通加工を軸に成長を続けている。前期はグループ売上高103億円を達成し、今期105億円を目指す。
 同社は千葉・房総や都内を中心に12カ所の営業所と子会社6社、グループ従業員約1000人、車両約600台を抱える。車両の7割が大型車だ。主な業務は、長距離幹線の代行輸送、保管を伴う物流業務の一括請負、花き輸送、房総での特積み貨物の中継輸送など。
 2000年ごろ大手運送会社が…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する