【アジアのコールドチェーン】第10回 日系物流企業の役割 流通科学大学教授 森 隆行 氏

2017.02.07付

一般

 アジアのコールドチェーン需要拡大を受け、日系物流企業の関連投資が急増している。連載の最後に当たり、日系企業の果たす役割について考えてみた。
 日系企業の競争力の源泉は高い物流技術にある。際立つのは、コンビニや宅配での配送の仕組みと効率性。日本の宅配は翌日配送が基本だが、米国では数日後の配送が多く、翌日配送の指定には別途高い料金がかかる。
 コンビニでは、日本国内に2万近い店舗を展開する売上高トップのセブンイレブンの物流効率性が目を引く。メーカーと発注、…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する