濃飛倉庫運輸 顧客のMSを後押し 鉄道の共同利用提案

2014.12.23付

一般

濃飛倉庫運輸(本社・岐阜市、小澤義行社長)はこのほど、顧客であるP&G滋賀工場(滋賀県野洲市)の調達物流で、輸送手段をトラックから鉄道に転換した。輸送によるCO2(二酸化炭素)排出量削減やコスト低減につなげている。

 

年間CO2排出量を2割削減

 

従来、P&G滋賀工場では、製造する化粧品に使う容器の多くを埼玉県の供給会社からトラックで輸送していた。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する