日通・東京の国内自社最大施設 「C―NEX」が始動 都市型物流の戦略拠点

2017.01.31付

一般

 日本通運(本社・東京、渡辺健二社長)は19日、都内江東区にトラックターミナルを併せ持つ大型物流施設「Tokyo C―NEX」をしゅん工した。同社国内施設では最大規模。総工費は273億円。都心に近い立地と周辺拠点との連携を生かし、効率的な集配を強みとした3PLサービスを提供。ターミナルには日通トランスポートと、昨年4月に日通と資本提携を結んだ名鉄運輸が同居し、協業によるさらなるシナジー(相乗)効果創出を目指す。2月1日にしゅん工式を行う。
C―NEXは江東…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する