川西倉庫 六甲物流Cしゅん工 延べ床8200㎡、定温備える

2017.01.24付

一般

 川西倉庫(本社・神戸市、若松康裕社長)は神戸市で建設を進めていた「六甲物流センター」をしゅん工した。延べ床面積8000㎡を超える施設は同社初の輸出入対応型複合倉庫で、定温機能も備える。17日に開催したしゅん工式には関係者らが出席し、完成を祝った。
 若松社長は「営業倉庫の新設は40年以上ぶりで、神戸の地盤をさらに固める念願がかなった」とあいさつ。その上で「すでに全体の約8割は稼働の見通しが立った」と説明した。高井孝明専務は「一日も早く軌道に乗せたい」と語った。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する