【ことば 教えて!】 ▽同一労働同一賃金→やる気引き出し利益に

2016.12.27付

一般

 雇用形態に関係なく、同じ業務に対し同じ賃金を支払うという考え方。正社員以外の「非正規雇用」で働く人たちにとっては収入増になる可能性がある一方、企業には人件費の増加につながる。
 政府は今年9月、安倍晋三首相を中心に関係閣僚、企業、有識者、労働組合が参加した「働き方改革実現会議」を設置。同一労働同一賃金を含む〝働き方改革〟の検討を始めた。短時間労働など非正規雇用で働く人たちの賃金を底上げし、消費拡大につなげたい考えだ。
 物流でも、集配ドライバーや現場作業員など…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する