【トンボの目】 下請け条件改善政府方針 行動計画策定どう波及?

2016.12.20付

一般

 国土交通省の根本幸典大臣政務官が11月22日、全日本トラック協会の物流ネットワーク委員会を通じ、適正取引推進のための自主行動計画策定を要請した。
 当日は、委員長を務める日本通運の斎藤充代表取締役副社長はじめ、佐川急便、西濃運輸、トナミ運輸、福山通運、ヤマト運輸の各社の代表者が同席した。また物流ネット委員会には鴻池運輸なども参加している。
 今回の要請は、首相官邸で行われた「第8回下請取引条件改善に関する関係府省等連絡会議」で示された政府方針を受けたもの…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する