つばめ急便 IT武装で業務改善 来期2億5000万円投じ

2016.12.20付

一般

 つばめ急便(本社・大阪市、石原修社長)がIT(情報技術)を活用した業務改善を加速する。来期から、自動配車システムと新たな動態管理システムを導入し、労働時間の短縮と輸送品質の向上につなげる。
 基幹システムの刷新を含め、ITに計2億5000万円を投資。自動配車システムは荷主とEDI(電子データ交換)で結ぶ物流業務に適用する。導入の目的は「多忙を極める配車スタッフの環境改善」(石原社長)。業務にゆとりを持たせ、ドライバーとのコミュニケーションを密にして現場力を高める。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する