国交省 川崎―大阪で中継輸送 日貨協連の枠組み活用

2016.12.06付

一般

 国土交通省は来年1月、長距離運行を複数のドライバーで分担する中継輸送の実証実験を始める。日本貨物事業協同連合会が運営する求荷求車ネットワーク「WebKIT」を活用し、川崎―大阪間をメーンに実験を展開。運用効果や課題を整理し、今年度中に報告書をまとめ、中継輸送の普及につなげたい考え。
 実験は来年1月30日~2月10日に行う。これに先立ち、国交省はWebKITを通じ、約3000社の会員事業者に参加を打診。関東で6社、関西で7社が事前説明会に申し込み、実験参加に…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する