SBSロジコム 車両の稼働率を向上 独自の仕組み活用で

2016.11.29付

一般

 SBSロジコム(本社・東京、鎌田正彦社長)は、ICT(情報通信技術)を活用した独自開発の仕組みを使い、トラックの稼働率向上に取り組んでいる。グループ保有車両のうち約1000台の動態を管理し、それぞれの積載効率を高めるための実証実験を展開中だ。
 車両積載効率の低さといった課題に加え、ドライバー不足による輸送力低下が懸念される昨今。同社はトラックの生産性向上を喫緊の課題として、昨年から改善を図る取り組み「カスピアン・プロジェクト」をスタート。専用端末で車両の…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する