日通 新12ftコンテナ開発 鉄道・内航併用可能

2016.11.22付

一般

 日本通運(本社・東京、渡辺健二社長)はこのほど、鉄道・内航船両方の輸送に対応した12フィートのハイブリッドコンテナを開発した。荷物を積み替えることなく鉄道と内航船の輸送を相互にシフトできる。すでに運用を始め、11月末までに145基を導入していく方針だ。
 貨車、船舶にそのまま積載可能な緊締装置を備え、日本貨物鉄道(=JR貨物)コンテナ番号と内航船用番号を併記。両横側開きタイプで、容積は19.1?。最大積載量は5トン。
 回転ダイヤル式の換気扇8個を装着し、…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する