ヤマト運輸 超大トレーラー導入 多頻度幹線を効率化

2016.11.22付

一般

 ヤマト運輸(本社・東京、長尾裕社長)は年度内にも、首都圏―中部間の多頻度幹線輸送で連結全長17.5mセミトレーラーと同21mフルトレーラーの運用を開始する。どちらもバン型で、ウイング型を除き国内初規格の車両だ。
 縦1.04×横1.04×高さ1.7mのロールボックスパレットがセミトレーラーでは従来車比2本増の26本、フルトレーラーでは同6本増の32本積むことができ、それぞれ8%、23%積載率が向上する。厚木ゲートウェイ(神奈川県愛川町)と中部ゲートウェイ…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する