【長時間労働どう改善?】第5回 法令改正に行政も本腰 名城大学経済学部 山本 雄吾 教授

2016.11.22付

一般

 これまで見たように、トラック運送事業の長時間労働は、運転時間以外の手待ち時間や荷役の付帯作業など、荷主との関わりの中で発生しているケースが多い。従って、労働環境改善は、事業者単独では困難で、荷主との協同が必要となる。
 さらに、長時間労働を早急に是正する必要が生じている。平成22年4月施行の改正労働基準法により、長時間労働抑制のため、大企業では月60時間超の時間外労働について50%以上の割増賃金率が義務化された。中小企業はこれが猶予されていた。
時間外労働の猶予期限迫る…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する