【倉庫・3PL特集】特別提言・KPI管理のススメ 荷主との「共通言語」に生産性向上の強い味方 流通経済大学 林 克彦 教授

2016.11.15付

一般

 コストや現場の生産性、サービス品質などを計数管理する手法「KPI(重要業績評価指標)」。業務効率化や現場の生産性最大化を図る上で重要なキーワードの一つだ。そもそもKPIとは何か。どう活用すれば良いのか。流通経済大学の林克彦教授は「現場の生産性や品質を見える化するKPIは、荷主企業との“共通言語”になる」と話す。
 KPIとは何か。広義には企業目標などの実現を目的に業務プロセスを観察・測定するための指標を意味する。実務的にはコストや生産性、品質といった業務を進める…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する