【過労死ゼロへ】第5回 戦前の実情 関西大学名誉教授 森岡 孝二 氏

2016.10.18付

一般

 過労死は、この言葉がなかった戦前にもあった。恐らく頓死、急死、衰弱死、早死に、「ポックリ病」などと呼ばれていたと思われる。
 1897年(明治30年)に創立された労働組合期成会の機関紙『労働世界』は、1901年(明治34年)に、芝浦製作所や沖電気で起きた「過労による結果の衰弱や頓死」を取り上げ、「いまや労働運動は賃金問題でも権利問題でもなく、生命問題である」と述べていた。
結核が過労疾病の中で最大
 ちょうど当時の政府が工場労働の実態を把握するために…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する