山九/東南アジア戦略 提案力強みに顧客獲得 メコン圏の拠点整備視野

2016.09.27付

一般

 山九(本社・東京、中村公大社長)は東南アジアで消費者向け物流を強化している。豊富なノウハウを生かした提案力を強みに、顧客動向に合わせて進出エリアと拠点を拡充。将来的にはカンボジア、ミャンマーでの拠点整備も視野に、メコン圏での事業拡大を進める。
 同社は40年前、シンガポールで石油化学プラントの物流業務を開始したのを機に、東南アジアへの進出を開始した。その後日系メーカーの生産拠点の海外移転に伴い、展開エリアと取り扱い製品を拡大。現在7カ国に12の現地法人を置き、約6600人…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する