着荷主、20事例で不参加 地方協議会の実証実験 計画固まらない地域も

2016.09.20付

一般

 トラックの労働環境改善に向けて各地で行う実証実験(パイロット事業)について、国土交通省は7日、進ちょく状況を公開した。各都道府県のうち、42件の事例で参加事業者が固まった。だが着荷主の協力を得られたのは半数程度にとどまり、手待ち時間の解消などがどこまで進むか不透明さが残った。
 同日開催した「トラックの取引環境・労働時間改善中央協議会」で、加藤進貨物課長が現状を説明した。実験は発・着荷主、トラック事業者、行政が協力し、手待ち時間や拘束時間削減につながる改善事例を…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する