どうなった?保冷宅配 大手3社 温度誤認など運用改善

2014.11.25付

一般

 昨秋マスコミ報道をきっかけに注目された、保冷宅配便の温度管理で不備があった問題。大手宅配3社では顧客の協力も得ながら運用面の改善を図るなどして、ことしの夏を無事に乗り切ったようだ。

 昨年の温度管理問題をめぐるヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の各社の共通課題は、配達員をはじめとした現場スタッフの品質意識の再徹底、管理温度の誤認と仕分けミス、保冷スペースに入らない大きな荷物の荷受けだ。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する