日通 アジア発貨物獲得へ 物流可視化で顧客開拓

2014.11.25付

一般

 日本通運(本社・東京、渡辺健二社長)は、荷主企業に物流過程を可視化する情報システムの提供を進め、アジア発欧米向け輸出貨物の取り込みを強化。来年3月末までに国際関連事業売上高比率を35%まで拡大させ、3カ年中期経営計画で掲げる40%達成へ拍車を掛ける。
 9月末時点の国際関連売上比率は33.5%。国内事業の売上高伸長に伴い、前年同期比1.1ポイントの上昇にとどまった。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する