サントリー 「中継輸送」日帰りで 車両確保しやすく

2016.08.23付

一般

 サントリーホールディングス(本社・東京、新浪剛史社長)は4月下旬、東西間の物流体制見直しの一環で、事業所間に中継拠点を置きトレーラーとトラクターを入れ替えて運ぶスイッチ輸送を導入した。東西間の物量の約1割を扱う。
 首都圏6カ所、関西の3カ所の工場で製造された製品を、同社所有のトレーラーで愛知県犬山市の木曽川工場に併設された既存の配送センターに運ぶ。同センターは武蔵野工場(東京都府中市)から約340㎞、京都工場から約160㎞の位置にある。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する